cissp
CCSP®- Certified Cloud Security Professionalとは

CCSP(Certified Cloud Security Professional)は、クラウドサービスを安全に利⽤するために必要な知識を体系化した資格で、Cloud Security Alliance (CSA)と共同で開発しました。

サイバー・情報・クラウドコンピューティングセキュリティの実務経験に基づく専門的能力と、クラウドセキュリティの専門知識を認証することで、企業は、重要な機能に対して適切な専門家が対応していることを確認することができます。

「クラウドファースト」を推進する組織において、クラウドサービスの情報セキュリティを確実にするため、 CCSP有資格者に管理を任せるケースが増加しています。

ITに関する業務に従事した経験が5年以上(うち、情報セキュリティに関する業務が3年以上、CCSPの6ドメインのいずれかに関する業務経験が1年以上(もしくはCCSK合格))必要となります。

詳しくはCCSPの資格ガイド「CCSP Ultimate Guide」をご参照ください(上部からダウンロードできます)。


(ISC)² 公式CCSP CBKトレーニング

日程 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
2020年
6月
3日(水)
4日(木)
5日(金)
11日(木)
12日(金)
9月
2日(水)
3日(木)
4日(金)
9日(水)
10日(木)
12月
2日(水)
3日(木)
7日(月)
8日(火)
9日(水)
2021年
2月
17日(水)
18日(木)
19日(金)
25日(木)
26日(金)

  • トレーニング申し込みについてはこちらをご参照ください。
6月の公式CCSP CBKトレーニングはオンラインで開催いたします。通常開催ではスライドを配布しませんが、オンライン開催の場合はトレーニング後180日間、講義の録音も含めてアクセス可能です。遠方の方もぜひ参加をご検討ください。

資格紹介



(ISC)² 認定講師諸角氏からのメッセージ

Morozumi-san

⽇本政府が、クラウドサービスの利⽤を第一候補とする⽅針(クラウド・バイ・デフォルト)を打ち出しているように、クラウドの利⽤が急速に拡⼤しています。同時に、クラウド環境におけるセキュリティを理解することが重要になっています。しかしながら、クラウドのセキュリティは、全てクラウド事業者が責任を負ってくれるというような間違った理解をされているケースも⾒受けられます。

クラウドセキュリティの基本は、責任共有モデルであり、クラウドの利⽤者と事業者が、責任境界を理解し、お互いに責任を持ちながら進めていく ことが重要です。そのためには、クラウドセキュリティを系統⽴てて学び、実践に結び付けていくことが必要です。これは、クラウド事業者、利⽤者双⽅に必要となる知識です。(ISC)²が提供するCCSP (Certified Cloud Security Professional) は、クラウドサービスを安全に利⽤するために必要な知識を体系化した資格として、クラウドセキュリティの専門知識を習得することができます。



(ISC)² 自己学習オンラインコース

(ISC)²では、自己学習オンラインコース「Online Self-Paced Training」(英語)を提供しております。



CCSPとCCSK

ccsk

(ISC)² のCCSPと、CSAのCCSKは互いに補完関係にあります。CCSKはCSAのガイダンスをベースにしたクラウドセキュリティに関する網羅的、基礎的な基盤となる知識を証明する資格で、CCSPは経験に基づく、より深く高度なセキュリティの知識を要求します。CSAではCCSK取得者に対し、CCSPを目指す事を推奨しています。



CCSP資格紹介動画