年会費(AMF:Annual Maintenance Fee)

年会費

認定更新のためには、CPEクレジットを取得するほか、下記の年会費を支払う必要があります。 年会費によって(ISC)² はメンバーの記録の保持や、(ISC)² 認定資格が市場の需要や要求に即していること、および(ISC)² が将来にわたって機能的でダイナミックな組織であることを保証します。

  • 年会費(AMF): 125米ドル (複数認定を持っている場合でも125米ドルのみ)
  • 支払い: 認定開始日が一番早い認定の更新時

  • 準会員(Associate)の年会費(AMF): 50米ドル

※メンバーがプロフェッショナルとして成長することを可能にし、豊かで貴重なリソースに投資し続けるため、(ISC)² Board of Directors(理事)は、 メンバー規約 の更新と年会費(AMF)の金額変更を承認しました。2019年7月1日より、新しいAMFは125米ドル(準会員(Associate)は50米ドル)になりました。複数の(ISC)²認定を保有するメンバーは、認定数に関わらず125米ドルの年会費(AMF)となりました。年会費(AMF)の支払い期限は、認定サイクルの終わりではなく、毎年の認定サイクルの開始時となります。例えば、CISSPを2010年9月に取得し、CAPを2012年1月に取得した場合、CISSPが最も初めに認定された資格となるため、年会費(AMF)は毎年9月が支払い期限となります。


年会費(AMF: Annual Maintenance Fees)ポリシー

全ての(ISC)² メンバー及びアソシエイト(準会員)には、認定サイクルの認定基準日に年会費をお支払いいただきます。年会費は、毎年同じ日にお支払いいただくことになります。


年会費は、すべてのメンバーの(ISC)² 資格を維持するために必要な、継続的に必要とされる費用をサポートします。(ISC)² は、ANSI/ISO/IEC規格17024の厳格な要件を満たす最初のサイバーセキュリティ認証組織です。(ISC)² の資格は、プロフェッショナルを認定するための世界的なベンチマークとなっています。ANSIのようなトップレベルの世界的な認定基準を満たし、維持すること、そして世界中で(ISC)² 認定の長期的な信頼性を保証することは、(ISC)² とメンバーの長期的な成功にとって非常に重要なことです。これは(ISC)² とメンバーへのコミットメントの礎であり、(ISC)² の認定が、30年にわたって業界および世界中の雇用主に継続的に評価され、信頼を得ることを保証するものです。


(ISC)² 認定資格者またはアソシエイト(準会員)になると、(ISC)² のメンバーになります。これにより、さまざまな有益で価値のあるメンバーベネフィットを利用できます。




年会費(AMF)の支払い方法

Member Dashboardで未払いの年会費残高を確認し、オンラインでAMFを支払うことができます。


何かご不明な点やご質問がある場合は メンバーサービス チームにご連絡ください。