年会費(AMF:Annual Maintenance Fee)

年会費

認定更新のためにはCPEクレジットを取得するほか、下記の年会費を支払う必要があります。 年会費によって(ISC)² はメンバーの記録の保持や(ISC)² 認定資格が 市場の需要や要求に即していること、および(ISC)² が将来にわたって機能的でダイナミックな組織であることを保証します。

メンバーがプロフェッショナルとして成長することを可能にし、豊かで貴重なリソースに投資し続けるため、(ISC)² Board of Directors(理事)は、 メンバー規約 の更新と年会費(AMF)の金額変更を承認しました。2019年7月1日より、新しいAMFは125米ドルになります。


  • 年会費(AMF)支払い日程の簡略化 – 業界および財務上のベストプラクティスに沿った調整を行うほか、一部のメンバーに対する滞納分(前年のメンバーシップ)の請求による混乱を解消します。これより、年会費(AMF)は毎年の認定サイクルの開始時に支払うこととなります。メンバーシップを失効させないためには、すべてのメンバーが、2019年6月30日までに新しい年会費規約に基づいた支払いを行う必要があります。www.isc2.orgにサインインし、自分のアカウントバランスを確 認してください。前年度の年会費 (AMF)が未払いとなっている場合は、2019年の年会費(AMF)とと もにお支払いをお願いいたします。

  • 新しい年会費(AMF) 125米ドル – 2019年7月1日より、新しいAMFは125米ドルになります。メンバーは2019年6月30日までに未払いの年会費(AMF)を支払う必要が あります。また、残りの3年間のメンバーシップ期間については、 <現在の認定資格の料金で前払 いするオプションがあります。 たとえば、未払いの年会費(AMF)を2019年6月30日までに支払うCISSPメンバーは、2019 年の年会費(AMF)を85米ドルのままで支払うことができます。2019年 1月23日から2019年6月30日までの間に更新期限が到来するメンバー(3年間の認定サイクルの 最終年度のメンバー)は、未払いの年会費(AMF)と2019年の年会費を現在の金額で6月末までに支払払う必要があります。

  • 複数の(ISC)² 認定を保有するメンバー – 2019年7月1日から、複数の認定を保有するメンバー は、認定数に関わらず125米ドルの年会費(AMF)か支払う必要がなくなり、費用を抑えられるようになります。その場合は、認定開始日が一番早い認定の更新時に125米ドル支払うことになります。

  • 更新後のメンバー規約 – 会員のための規約と手順を明確にするために、(ISC)² メンバー認定継続 認定継続要件および(ISC)² メンバー復帰規約を改訂しました.すべての規約はこちらからオンラインで入手できます。

  • 新しい準会員(Associate)年会費(AMF) 50米ドル –2019年7月1日より、新しいAMFは50米ドルになります。