2021年 (ISC)² Blog 和訳

2021年1月21日

調査報告: CISSPは、2021年最も価値のあるセキュリティ資格である

 (ISC)² のCertified Information Systems Security Professional (CISSP)資格は、サイバーセキュリティの専門家で構成される9万人のLinkedInコミュニティでトップマークを獲得しました。このグループは、サイバーセキュリティ業界を代表する50の認定資格やコースの中から、最も価値のある認定資格を選定しました。

情報セキュリティキャリアネットワーク(ISCN)をは、ISCNのメンバーで構成されるLinkedInコミュニティに、2021年に向けて最も望ましい資格トップ10のリストをまとめるために、トップ資格の評価を依頼しました。リストには、他の協会やベンダーの認定資格や、 (ISC)²Certified Cloud Security Professional (CCSP)が含まれていました。

なぜCISSPが最も価値のあるサイバーセキュリティ資格なのか?

Security Boulevardの報告によると、回答者の4分の3近く(72%)がCISSPをサイバーセキュリティ分野で最も需要のある資格として認識しています。「CISSPは長年にわたり、世界的に高く評価されている情報セキュリティ専門家の資格です」とSecurity Boulevardは報告しています。

CISSPは、クラス最高のサイバーセキュリティプログラムを設計、実装、管理するためのスキルとノウハウを検証します。資格を得るためには、候補者は5年のセキュリティ経験、もしくは、セキュリティ関連の学位を持っている場合は4年の経験が必要です。「CISSPコースは非常に幅広い情報セキュリティ分野をカバーしているため、100~150問、3時間のCISSP試験は、一部の人にとって合格が難しいことが証明されています」とSecurity Boulevardは報じています。

2021年で最も望まれる資格に選ばれたことは、その有効性と評価の高さを物語っています。今年は、COVID-19のパンデミックに端を発した大きな変化を迎えています。ほとんどの組織では、従業員のためにリモートワーク環境を迅速に設定しなければならず、そのためにサイバーセキュリティチームはその環境を適切に保護しなければならないというプレッシャーを感じていました。

リモート環境の導入ラッシュは、非常に多くのセキュリティステップがバイパスされているという懸念を引き起こし、実際にサイバー攻撃者はそれを利用しようとしましたが、(ISC)² 2020 Cybersecurity Workforce Studyによると、サイバーインシデントの大幅な急増はなかったとサイバーセキュリティチームは報告しています。

CISSPの平均給与は?

CISSPを取得したサイバーセキュリティ専門家は、世界で最も求められているセキュリティの専門家です。様々な(ISC)² 調査、ベンチマーク調査、第三者調査を経て、世界各国のCISSPの給与見積もりをまとめたところ、世界平均は92,639ドル以上となっています。

警戒を怠らない

パンデミックでサイバーセキュリティの警戒レベルを高めたことによって組織が混乱したとしても、サイバーセキュリティの専門家は警戒を怠らないことの必要性を認識しています。サイバーセキュリティ人材調査では、回答者の56%がサイバーセキュリティ人材の不足が組織にリスクをもたらしていると答えています。

この調査では、資格の重要性も強調されており、サイバーセキュリティの専門家のほぼ3分の2(63%)がCISSPなどのセキュリティ関連の資格を取得しようとしている、または取得を計画していることがわかりました。平均的には、セキュリティの資格は、平均の給料が67,000ドルから85,000ドルへと、18,000ドル押し上げていることが研究で分かりました。

資格は、雇用者にますます求められており、資格保持者のキャリアパスを築くのに役立ちます。(ISC)² 資格の詳細については、こちらをご覧ください。

原文記事: https://blog.isc2.org/isc2_blog/2021/01/survey-cissp-is-the-most-valuable-security-certification-for-2021.html