(ISC)² 倫理規約

  • Ethics Complaint Procedures
  • Ethics Committee Members
  • Report Exam and Test Center Fraud

  • 規約

    (ISC)² の認定を受けたすべての情報セキュリティ専門家は、この資格は取得した後、維持しなければならない特権であることを認識する必要があります。この原則に基づき、すべての(ISC)² メンバーは、Code of Ethics(倫理規約)を遵守することが求められます。

    (ISC)² メンバーが故意に、または故意に規約のいずれかの条項に違反した場合は、ピアレビューパネル(審査委員会)による措置の対象となり、その結果、資格が取り消されることがあります。(ISC)²メンバーは、(ISC)² メンバーの行動が規約に違反していることを確認した場合、倫理申立手続に従う義務があります。これに従わなかった場合は、4規範(Canon IV)に基づき、規約違反とみなされる可能性があります。

    規約には必須の4規範(Canon IV))があります。当然のことながら、このようなハイレベルなガイダンスは、専門家の倫理的判断を代替するものではありません。  

    倫理規約の序文

  • 社会の安全と福祉、公共の利益、そして専門家としての義務を果たすために、最高の倫理的行動規範を遵守し、また遵守している姿勢を示す必要があります。
  • よって、本規約を厳守することが資格の条件となります。
  • 倫理規約における規範

  • 社会、公益、公共から求められる信頼と信用、インフラを守る。
  • 法律に違わず、公正かつ誠実に責任を持って行動する。
  • 原則に基づき、優れたサービスを提供する。
  • 専門性を高め、維持する。


  • 詳細:https://www.isc2.org/Ethics