2020年 (ISC)² Blog 和訳

2020年5月13日

みなさんに知っていただきたいこと:CISSPが、英国の修士号標準と同等であるとみなされました。

 (ISC)² はこのほど、独立したベンチマークプロセスを経て、CISSP認定が英国の修士号基準に匹敵するものとして正式に認められたことを発表しました(*1)。特に英国や欧州の会員の皆様に、この成果をご理解いただくために、ここに情報をまとめました。
・CISSPが英国の修士号基準に匹敵すると評価されたことは、私や他のCISSPにとってどのような意味があるのでしょうか?
 世界的に理解されているサイバーセキュリティ認定の価値と重要性は、(ISC)² のコミュニティ内ではよく知られていますが、他の形態の教育や専門的な区別や実績との関連で認定の意味を強化することも同様に重要です。そうすることで、教育機関や雇用者の理解を深め、また、将来のキャリアアップを支援することで、メンバーが努力してきたことの価値をさらに高めることができます。
・誰がCISSPを評価したのでしょうか?
 この評価は、英国が実施したものです。NARICは、英国の政府指定機関で、世界中の学術・職業・専門資格に関する情報や専門的なガイダンスを提供しています。確立されたクレデンシャル評価の方法論を用いて、CISSP認定の詳細な研究を行いました。これには、中核となる資格の構成要素の見直しや、受験者の試験で評価されるスキルを規定の資格フレームワーク(RQF)と比較分析することが含まれていました。
・RQFとは何でしょうか?
 英国のRQF(Regulated Qualifications Framework)は、資格をその範囲と難易度に基づいて分類しています。
 RQFレベルは以下のようになっています。
* レベル1: GCSEs(3-1年生:以前はD-G)
* レベル2: GCSEs(9-4年生:以前はA*-C)、CSE 1、O級、A、BまたはCレベルグレード
* レベル3: 上級レベル(Aレベル)A-E、ASレベル、職業レベル3
* レベル4: 職業資格レベル4、CertHE、HNC
* レベル5: 職業資格レベル5、ファンデーションディグリー、DipHE、HND
* レベル6: 学士号(表彰の有無にかかわらず)
* レベル7: 修士号、大学院修了証とディプロマ、PGCE
* レベル8: Ph.D
 英国NARIC は、このクレデンシャル評価の方法論を用いて、CISSP 試験で評価されたスキルを RQF や他の適切な参照ポイントと比較分析するとともに、コア資格の構成要素を検討しました。この研究の結論は、CISSP認定がRQFレベル7標準に匹敵する知識とスキルを評価していることを明らかにしました。
・CISSPがRQFレベル7になるとどうなるのでしょうか?
 英国NARICの評価は、CISSP認定がサイバーセキュリティに関する専門的な知識を評価することを明確に強調していること、およびスキルの理解と応用に重点を置いていることを具体的に言及しています。これには、組織的な問題解決や意思決定、業界標準、ポリシー、ベストプラクティスの認識と正しい使用、サイバーセキュリティに関連した方法論、技術、トレーニングの理解と適切な使用などの要素が含まれています。
・CISSPは修士号と同じということなのでしょうか?
 いいえ。英国 NARICによれば、RFQ レベル 7 とは、CISSP を取得することが修士号を取得するのに必要なレベルと同程度の教育的成果とみなされることを意味しています。
 RQFレベルの中では、すべての人が同じ勉強量や評価時間であることを証明する必要はありません。資格のRQFレベルを決定するためには、合格基準、テストされる知識、理解、技能のレベル、資格維持のための継続的な専門能力開発の要件、それらの試験がどのように行われるかなど、多くの要因が考慮されます。それは単に完成までの時間や、各レベルの達成度を獲得するために置かれた年数に基づいているわけではありません。
・私はCISSPを持っています。今の私は修士号を持っていると言ってもいいのでしょうか?
 いいえ。この件によってあなたが修士や大学院の資格を取得するわけではありません。しかし、CISSPがRQFレベル7に匹敵するということは、CISSP認定を雇用者、政府機関及び教育機関との間で位置づけるための標準的な枠組みが認められていることを意味しています。これは、他の高等教育コースのコースクレジット、新しい役割や昇進を申請する際の認証の位置づけ、国境を越えた資格の有効性の確認などを申請する際に特に役立ちます。
・RQFレベル7の認定はどこで適用されますか?
 英国では、CISSPがRQFレベル7として認定されます。しかし、RQFは欧州資格フレームワーク(EQF)にマッピングされているため、レベル7のステータスは欧州全域でも認識されています。
・RQFレベル7の認定は、米国など欧州以外でも適用されますか?
 米国などには同様の教育の枠組みがないため、正式には認められていませんが、一部の教育機関が独自の判断でコースの単位や資格証明のために英国や欧州の認定を認めている場合があります。
・これにより、履歴書、LinkedIn、または経歴書に自分の資格を記載する方法は変わりますか?
 認定資格の記載方法や使用方法に関する既存のルールに変更はありません。ここから、資格使用ポリシー(*2)を確認することができます。これらの要件を遵守することは、すべての(ISC)2資格の認定プロセスの重要な一部となっています。これは、失効したすべての資格にも適用されます。
・イギリスのNARICについてもっと詳しく知りたいのですが?
 イギリスNARICのプロセスについては、「Benchmarking the (ISC)² CISSP Qualification Executive Summary(*3)」に記載されています。
*1: https://www.isc2.org/News-and-Events/Press-Room/Posts/2020/05/12/ISC2-CISSP-Certification-Now-Comparable-to-Masters-Degree-Standard?fbclid=IwAR1TQUyPKGH1Jbml7dusf1-9X3_4n-cOvVW6eENFc8Z1cUMf-v5g39JbcnY
*2: https://www.isc2.org/Policies.../Copyright-Information
*3: https://www.isc2.org/-/media/0BAA3306583348D7A6EB867363331EF9.ashx?fbclid=IwAR3qKjoDk7bRfr4VAWh_NBir-LzCFv3VSRFUQsVbYB_Ohf-N7icsO0EPyZQ
原文記事: https://blog.isc2.org/isc2_blog/2020/05/cissp-comparable-to-uk-masters-degree-standard.html