CISSP®チャレンジセミナー

CISOにはどのような知識が必要なのか、CSIRTのメンバーの教育はどうしようか、情報セキュリティに関する製品やサービスの開発はどのように行えばよいのかなど、ユーザ企業もベンダー企業も人材育成の悩みは尽きません。セキュリティ事故をベースにした教育はわかりやすい一方で、応用が効かないためにその他の脅威や攻撃に対応する力が付きにくいのが現状です。

CISSPの8ドメインは情報セキュリティ活動のあり方について基盤づくりから学び、実践的な対策を行うための考えかたを構築するために必要な情報が集約されています。今回のセミナーでは「CISSPならこう考える」と題して、経営陣やCISO、CSIRTのメンバーが知っておくべき情報セキュリティの知識をわかりやすくお教えします。通常は5日間で行っているオフィシャルセミナーの中から、CISOに大きく関係するセキュリティとリスクマネジメント、アイデンティティとアクセスの管理、資産のセキュリティを中心に8ドメインのトピックをご理解いただくたショートセミナーです。

社員にCISSPを受験させてみたいけど、どのような内容なのかわからない、という経営層の方にも理解しやすい内容です。情報セキュリティベンダーで製品・サービス企画を行っている方にも効果的な内容となっています。

申し込みはこちらから。
過去開催されたセミナーを収録したWebinarも公開しております。