キャリアパス

 (ISC)2®では準会員というプロフェッショナル予備軍の認定から、実務家としてのSSCP専門家としてのCISSP、更に専門分野に特化した上位資格や専門資格(現在ではCAP、CSSLP、JGISP、CCFP、HCISPP)を提供しています。

 C-suiteと呼ばれている経営陣レベルに行くあたり、CISSPは必須資格として位置づけられていますが、同時にそれだけではC-suiteレベルに必要とされるスキル・知識を習得する事は出来ないことも認識をしていて、左側の矢印でその中のいくつかを提示しています。

 CISSPは、情報セキュリティに関しての広範囲な知識を保有することが資格保有者には求められていますが、当然キャリアを積んでいく過程では、特定の分野に更に特化した知識保有を認証する必要性も出てきます。そういう方達向けにCISSPの上位資格としてのISSMP(Information Systems Security Management Professional)、ISSAP(Information Systems Security Architecture Professional)、ISSEP(Information Systems Security Engineering Professional)や、全般的知識ではなく専門職に近い分野の知識保有を認証しているCSSLP (Certified Software Security Lifecycle Professional)、CAP (Certification & Accreditation Professional) 、JGISP(Japanese Government Information Security Professional)があります。

 表の右側には、目安としてC-suiteへ行き着く年数を提示してます。


キャリアプランニング