第7回ISLS(Information Security Leardership Series)

~~~~~~~~~~~~~~~
第7回 ISLSは下記内容にて開催されました。一部資料ダウンロードが可能ですので、ぜひご参照ください。
また、同日開催されたCISSP/SSCP/JGISPコミュニティ(So-net SNS)主催(ISC)2メンバー懇親会にも多くのご参加をいただき、ありがとうございました。写真は、懇親会での集合写真です。
~~~~~~~~~~~~~~~

(ISC)2 Japanでは、日本在住のCISSPをはじめとした(ISC)2認定資格保持者の皆様の情報発信、情報共有、スキルアップ等を目的とし、第7回 (ISC)2 Information Security Leadership Series (ISLS)を12月4日(金)に開催いたします。
CISSP/SSCP/JGISPコミュニティ(So-net SNS)主催(ISC)2メンバー懇親会を同日開催いたします。ISLSと懇親会のどちらか片方の参加あるいは両方の参加が可能です。ぜひお申し込みください。
なお、ISLS参加者には、所定のCPEクレジットが付与されます。

第 7 回 I S L S 開 催 概 要
日 時 2009年12月4日(金) 14時10分~17時40分(予定)
(受付:13時30分~)
会 場 TKP東京駅ビジネスセンター2号館
東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル
地図:http://tkptokyo.net/access/print_map02.html
参加費 無料
定 員 100名
主 催 (ISC)2 Japan
対象来場者 (ISC)2認定資格保持者
付与CPE
クレジット
4ポイント(予定)


(ISC)2 メ ン バ ー 懇 親 会 開 催 概 要
日 時 2009年12月4日(金) 18時00分~20時00分(予定)
(受付:18時00分~)
会 場 TKP東京駅ビジネスセンター2号館
東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル
地図:http://tkptokyo.net/access/print_map02.html
参加費 5,000円
※当日、受付にてお支払いください。
定 員 100名
主 催 CISSP/SSCP/JGISPコミュニティ(So-net SNS)
対象来場者 (ISC)2認定資格保持者

I S L S プ ロ グ ラ ム

時間 内容
13:30~ 受付開始
14:10~14:50
(40分)
『事業継続の観点から見たIPv6対応』

今までIPv6はビジネス視点では縁遠い技術でした。IPv4の枯渇予想が2011年後半となり、NGNによる国内一般ユーザへのIPv6提供が2011年4月予定。そろそろ事業継続のために予算と人員を確保して、管理/技術の両面からIPv4延命技術やIPv6対応に備える必要があります。そのきっかけとすべく「IPv4アドレス枯渇対応 アクションプラン」を元に、IPv4枯渇の現状と、事業継続の観点から必要な対応や優先度について解説します。

株式会社ラック
若居 和直 氏, CISSP
[資料ダウンロード]
14:55~15:35
(40分)
『NIST SP800-53a の共同翻訳~地方CISSPホルダーによる体験談~』

NIST SP800シリーズの翻訳をCISSPコミュニティの皆さんと共同で作業した際の体験談を地方から参画したという経験もまじえて、お話しさせていただきます。

福島コンピューターシステム株式会社
第一システム部
芳賀 健 氏, CISSP
15:35~15:55
(20分)
休憩
15:55~16:35
(40分)
『内部統制評価におけるITへの対応 理想と現実』

財務報告に係る内部統制評価の経験を通じて感じた事を可能な範囲で、お話させていただきます。

日本ベリサイン株式会社
内部監査室 室長
永島 昌和 氏, CISSP, CISA, CISM
16:40~17:20
(40分)
『セキュリティとソフトウェアエンジニアリングの境界:国際規格から見て』

セキュリティのコミュニティはISMSのような規格やCCのような規格を生み出していますが、それらの補強の動きは、他方で行われているソフトウェア及びシステムエンジニアリングの信頼性確保の動きと多方面でオーバーラップしつつある感があります。それらの全体像を俯瞰する試みをしてみたいと思います。

株式会社情報数理研究所 技術顧問
ISO/IEC JTC1/SC7の対SC27 Liaison Officer
伏見 諭 氏, CISSP-ISSAP, ISSJP, CSSLP
[資料ダウンロード]
17:25~17:40
(15分)
『(ISC)2 アップデート』

(ISC)2 Japan 代表
衣川 俊章, CISSP
[資料ダウンロード]

※プログラムの内容及び講演者は予告なく変更する場合がございます


お申し込み方法

以下の必要事項をメール本文に記載の上、【11月24日(月)】までに(ISC)2 Japan事務局メールアドレスinfoisc2-j@isc2.orgにご連絡ください。
※お申し込みは締め切りました。多数のお申し込みありがとうございます。

(メール本文)
……………………………………………………………………………………………
第7回(ISC)2 Information Security Leadership Series に(参加します・しません)

(ISC)2メンバー懇親会(有料)に(参加します・しません)

▽Certificate Number
▽氏名(漢字)
▽氏名(全角フリガナ)
▽会社名
▽連絡先(電話番号)
▽連絡先(e-mail)
……………………………………………………………………………………………

  • ISLSと懇親会のどちらか片方の参加あるいは両方の参加が可能ですが、申込者が定員に達した場合には、ご希望に添えないこともございますので、あらかじめご了承ください。
  • 個人情報の取り扱いについては、こちらをご参照ください。https://www.isc2.org/japan/privacy.html
  • ご参加いただけなくなった場合には、必ず事前にご連絡ください。
  • ご応募多数のため、残念ながら今回ご参加いただけない場合には、その旨のご連絡を11月30日(月)までにEメールにてお送りいたします。

申込締切: 2009年11月24日(火)